所沢西高校はあなたを待っています(校長 赤嶺 寛)

ようこそ所西へ

 

  
 本校は創立41年目を迎えた男女共学の全日制普通科の県立高校です。開校以来「所西(とこにし)」の愛称で親しまれ、卒業生は1万4千人を超えました。西武池袋線小手指駅から徒歩13分、緑豊かな落ち着いた環境にあります。校舎は防音二重窓と保護者負担のない冷暖房が完備されています。学習環境の充実を図り、自習室も整備されています。

 

 本校は「心身を鍛錬し、自主自立の精神を養い、調和のとれた心豊かな人間を育成する」ことを目指す学校像に掲げ、生徒・保護者の期待に応えるべく日々の教育活動に取り組んでいます。生徒が母校に誇りを持ち、10年後、20年後に、「所西を卒業してよかった」と思えるような学校にすることが私たち教職員の責務であると考えています。

 

 運動部が17部、文化部が15部あり、それぞれ日々熱心に活動し、県大会や関東大会に進むなどの成果を上げています。進路では7割の生徒が大学・短大に進学しています。このほか、学校行事、地域との交流、ボランティア活動、国際交流など、幅広い活動の機会を用意しています。これらの活動と勉強のバランスを取りながらさまざまな体験を積み重ねることで、豊かな人間性と幅広い視野を持つ生徒が育つものと考えています。自分の可能性を信じ、充実した高校生活を送りたいと希望する中学生の皆さんの入学を待っています。

 

              校長 赤嶺 寛(H31.4.1)

 

教育目標(ミッション)
憲法、教育基本法にのっとり、かけがえのない個人を尊重し、個性の開発伸長につとめ、国際的視野に立ち、
自他を敬愛し協力し合って、平和を愛する人間の育成を期する。



教育方針
1.和の確立を目指して人間関係を大切にし、心の交流に努め、教師と生徒が共に学び共に進むようにつとめる。
2.心身を鍛練し、豊かな情操を養い、公正な判断力をもつ調和のとれた人間を育てる。
3.自主自立の精神を養い、強い責任感を持ち、勤労を愛する人間を育てる。