所沢西高校はあなたを待っています(校長 赤嶺 寛)

ようこそ所西へ

 

 本校は創立43年目を迎えた男女共学・全日制普通科の県立高校です。開校以来「所西(とこにし)」の愛称で親しまれ、卒業生は1万5千人を超えました。西武池袋線小手指駅から徒歩13分、緑豊かな落ち着いた環境にあります。校舎は防音二重窓と保護者負担のない冷暖房が完備されています。学習環境の充実を図り、自習室も整備されています。

 

 高等学校では、令和4年度から新しい学習指導要領が実施されることになります。このことを踏まえ、本校では令和2年度に「目指す学校像」と「教育方針」を次のとおり改定しました。

 

目指す学校像

 様々な生き方や考え方を認め合い、安心して学べる環境の中で、社会で主体的に生き挑戦する気持ちを育む場とする

教育方針

 1 自ら課題を発見し、仲間と協働してその解決法を考え行動する人間を育てる。

 2 社会で自分は何をするべきかを考え、他者と共にその実現に向けてどう行動すればよいのかを考える人間を育てる。

 3 豊かな感性を養い、公正な判断力をもち調和のとれた人間を育てる。

 

 本校はこのような目指す学校像・育てたい生徒像を掲げ、生徒・保護者の期待に応えるべく日々の教育活動に取り組んでいます。生徒の皆さんが母校に誇りを持ち、10年後、20年後に、「所西を卒業してよかった」と思えるような学校にすることが私たち教職員の責務であると考えています。

 

 部活動は運動部、文化部ともにそれぞれ日々熱心に活動し、県大会や関東大会、全国大会に進むなどの成果を上げています。進路では7割の生徒が大学・短大に進学しています。このほか、学校行事、地域との交流、ボランティア活動、国際交流など、幅広い活動の機会を用意しています。これらの活動と学習のバランスを取りながら、さまざまな体験を重ねることで豊かな感性と幅広い視野を持つ生徒が育つものと考えています。自分の可能性を信じ、充実した高校生活を送りたいと希望する中学生の皆さんの入学をお待ちしています。

 

                                       校長  赤嶺 寛(令和3年4月)