2019年10月

新人大会西部地区2次予選 
(10月5日・6日 上奥富運動公園)

2次予選は敗者復活付きの4校のトーナメントでした。

本校はAシードでもう一つのシード校が抽選シードの和光国際高校。そこに抽選シード次点の山村国際高校。もう一つが西部合同3(所沢北・所沢中央・飯能南)の4チームでした。シードの和光国際高校をはじめ、どのチームも侮れないグループです。

 

10月5日

トーナメント1回戦

  所沢西 1000004|5
  合同3 100023×|6
  (投)野口・德永―(捕)小川    
             三塁打  德永  二塁打  中西

前半は投手戦でしたが、5回裏・6回裏ともにエラーがらみの得点を許し6-1と大きくリードされてしまいました。万事休すと思われた7回表に驚異の追い上げをしましたが、善戦むなしく敗れてしまいました。相手投手の好投と合同チームのチームワークの良さの前に屈しました。

 

 10月6日

1日目に和光国際を破った山村学園が本校を破った合同3と対戦し、これも勝利。山村学園が勝ち抜け、県大会出場を決めました。この日から敗者復活戦に入ります。

 

トーナメント 敗者復活1回戦

  所沢西  2003010|6
   和光国際  4000001|5
  (投)野口―(捕)小川        本塁打 小川

 

山村学園に敗れた和光国際との対戦。1次予選でも対戦し勝っていたので、なおさら戦いにくい相手でした。
初回2アウトから本塁打と連続ヒットで幸先よく2点先取しましたが、相手にも投手の立ち上がりを攻められ逆転を許してしまいました。しかし4回表、持ち前の粘り強さで逆転。厳しい戦いでしたが何とか勝利をおさめ、県大会出場に望みをつなぎました。

トーナメント 敗者復活 決勝戦

 所沢西  61214|14
  合同3   01100|2  (5回コールド)
  (投)野口―(捕)小川    
              二塁打 古谷・小川・天神

決勝戦は昨日負けた合同3が相手です。昨日は切れのよいライズを持っている好投手に翻弄されましたが、初回から軽打で相手投手を攻略。エラーも絡んで6点を先取しました。その後もコツコツと得点を重ね、終わってみればコールドゲームで勝利し県大会出場を決めました。

 

県大会出場 決定!

念願の県大会出場を勝ち取りました。単独チームとしては4年ぶり、合同チームを含めると3年ぶりの快挙です。

先制されても決してあきらめずに戦う姿勢が出て来たことは、夏の苦しい時期を乗り越えて頑張ってきた成果だと思っています。

もちろん保護者の皆様、OGの先輩方、審判の方々ほか、他チームにかかわっているすべての方々のご協力、応援があってこその勝利です。

さあ、これからはいよいよ県大会です。11月1日が抽選会、11月8日(金)が1回戦・2回戦の予定です。

一つでも多く勝っていければと、選手の意識も高まっています。

今後ともよろしくお願いいたします。