2019年10月11日 タイ人の日本語講師の先生方がご来校!

遅ればせながら、秋に行われた国際交流行事のご報告をいたします!

 

昨年の10月に、タイ国日本語日本文化教師協会から14名の先生をお招きし、タイを紹介する授業や、所西生との交流会を行っていただきました。

 

昼休みは校内の大勢の生徒が参加して、先生方とランチタイムを楽しみました♪

「タイのどのあたりに住んでるんですか?」「素敵な服(民族衣装のようなデザイン)を着てますが、それは住んでいる地域のものですか?」「タイって暑いんですか?」など、いろんな質問が飛び交い、あちこちの机で笑顔があふれていました。

 

さて、こちらは授業の一コマ。

持参してくださったタイの様々な写真を見せながら、2年生にタイの食文化や街の様子、世界遺産の美しさなどを説明してくださっています。

 

流暢な日本語で、優しく丁寧に話してくださったので、多くの生徒が聞き入っていました。

 歓声が上がったのはタイのおいしそうな料理(ナシゴレンなど)や、世界遺産の寺院の写真。

現地で神聖視されている、象についてのお話にも、生徒は興味津々でした。

現地の料理、トムヤムクンなどをご紹介!

 

生徒たちはもちろん先生方とは初対面でしたが、積極的に質問をしたり、対話をしたりと、生き生きと貴重な時間を過ごしていました。

 授業の終わりには、クラスの代表からご挨拶。

短い時間でしたが、授業の始まりと比べて、ずっとアットホームな雰囲気の教室に変わっていました。「みなさん真面目で熱心で、とてもいい生徒さんたちですね」とタイの先生にも言っていただきました。

 

授業終わりの挨拶

 

またこのような機会があったら幸いですね。

みなさん、とても素敵な笑顔で一日を過ごしてくださいました。ありがとうございました!

またぜひ来てください!