2020.1,27,29,31西部地区新人大会

西部地区新人卓球大会

男子学校対抗 優勝!

男子シングルス 第3位!

男子単4名、男子複2ペアが県大会へ!

 令和2年1月27、29,31日と関東高校卓球大会一次予選会西部地区予選会が所沢市民体育館で行われました。

本校は男子学校対抗で春季西部地区大会につづき、今年度2回目の地区優勝を成し遂げました。エースの西村和真君(2年)は決勝までシングルス・ダブルスともに全勝の活躍でした。今回学校対抗初出場のキャプテンの横尾怜君(2年)は決勝で殊勲の1点を取り、1年生の神崎将慶君は前回優勝校との準決勝でやはり貴重な1点を取るなど、活躍を見せました。

 また個人戦では、男子シングルスで1年生の岩本侑樹君が第1シードを破ってベスト4入りの快挙を成し遂げました。岩本君は学校対抗でも西村君と組んだダブルスで全勝して優勝に貢献しました。

 今大会の結果、男子シングルスで4名、男子ダブルスで2ペアが県大会出場権を獲得しています。また残念ながら県大会に進めなかった選手たちもそれぞれに次につながる試合を見せてくれました。

 今年のチームは3年生が抜けた穴が大きく、9月の地区大会では4位となり12校リーグにも出場できませんでした。しかし前回の敗戦をバネに全員一丸となって練習に取り組み、見事に優勝を勝ち取りました。

 とはいえまだまだ力不足であり、これに慢心せずにさらに強いチームになるよう頑張っていきたいと思います。まずは2月の県新人大会で今回の結果が真の実力であることを示してほしいと思います。

<おもな結果>

・男子学校対抗 優勝

・男子ダブルス 

  西村和真・岩本侑樹 ベスト16  横尾怜・神崎将慶 ベスト16

・男子シングルス

  岩本侑樹 第3位

  西村和真 ベスト16

  横尾怜 ベスト32 神崎将慶ベスト32

 ※以上が県大会出場

  1年生ながら男子単で3位となった岩本君

1年生ながら男子シングルスで

ベスト4入りした岩本君